20170327 ロバート・メイプルソープ展『MEMENTO MORI』

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 15:40

3月中旬から銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開催されていたロバート・メイプルソープ展に行ってきました。

モノクロの花の写真から知ったメイプルソープですが、花だけではなくて、彼の被写体は人間にも及びます。

それも、男女問わずにヌードが多いのですが、少し特徴的だったり、挑発的なボンテージだったり、グロテスクだったり、衰え始めていたり、どこか引っかかる、どれも美しいんだけれどいわゆるスタンダードではない感じのヌードもしくは身体の部分の写真が続きます。

ヌードを見たあとに花の写真を見ると、花もまたエロティック。

花やくだものにナイフという組み合わせの写真もあり、これが何を象徴しているのか。

一緒に行った友だちが、「花や果実は女性器で、ナイフは男性器」と言っていてなるほどでした。

そして、どこまでが芸術で、どこからがポルノか、その境界線はどこか、という考察も。

展示会タイトルの『メメント・モリ』というのはラテン語で直訳すると「死のことを想え」という意味だそうで、「どうせみんな死ぬんだよ」そして「今を楽しく生きようね」という扱われ方もしているとのこと。

性と死がテーマだったんですね。っておしえてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

布と手作りの魅力

  • 2009.05.04 Monday
  • 23:10
ほんっとに更新が押せ押せで
ちょっと古い話題ですが…

4月に八王子の南大沢文化会館にて
たった2日間ですがキルト展をやってて
母と一緒に行ってきました。
自然光がたっぷり入る開放的な会場。
なんと、入場無料で芳名帳に記帳すると手ぬぐいがいただけます。
作品だけではなく、展示会そのものも手作りといった雰囲気が
いい感じ♪



今まで見たことのないような
美しいキルト!
アンティークの布を使ったものに
とても惹かれました。

まずはこれ。

六角形のモチーフは、アメリカでは「おばあさんのお庭」といって
長く愛されている伝統的な手法なんだそうです。
それを着物の絹布で表現した作品です。
ひとつひとつの布が可愛らしく暖かい。


それからこれ。

作品自体もすばらしいですが
やはり、アップで見ると布ひとつひとつが個性的。




アメリカのアンティークキルトもありました。
『大草原の小さな家』チック。


藍を基調にして日本の伝統的な紋を刺し子にした作品も
すてきでした。
なぜか古さを感じさせないモダンさを感じさせます。
江戸時代の日本のデザイン力ってすごいです。


満足〜
こういうものって、「作品」ではなくて
実用的な「道具」として使われると
より愛が深まるのだと思います。
あくまでも個人的見解で、
作った方にとっては余計なお世話だとは思いますが^^;


蛇足ですが、この会場の隣の図書館エントランスに
絵本『ちいさなおうち』をモチーフにした
刺繍が飾ってあります。
母の作品で常設です(笑)
名前は出てませんけど(本人は少し悔しがってる。わはは)。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

booklog

my pinterest

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM