20160406 ならぶかたち多面性 モルセラ、ガーベラ、デルフィニウム、レザーファン

  • 2016.04.13 Wednesday
  • 11:35


同じ花型でもそのときの傾向というものがあって、以前はもっと主材をかたむけて各グループを配材でつなげるようにしていたのですが、いまは以前にくらべると、3つのグループが独立している感じでよろしい(ので、主枝の下のレザーファンも小さめでよい)とのこと。
このほうがわたしは好きかな。流れもありながらひとつひとつがちいさなブーケのようで。
主枝と副枝はモルセラで、客枝はガーベラでとりました。
主枝は空間のあるほうに傾斜させ、副枝と客枝が同じ方向を向かないというのがお約束です。

写真はお稽古のときのものですが、研究会ではモルセラの長さ(高さ)に関してこの下稽古のときのわたしの思い込みが災いしました。
多面性というのはテーブル花だけとは限らないので、やはり花材に合わせて考えなければならないわけで、研究会のときのガーベラの花がお稽古のときとくらべると巨大だったので、それらが短くなると蓋をするようになってしまうため少し長めにする。となると、しぜんとモルセラももう少し高くしなければなりません。
「間違ってはいないけれど、花材の特徴が生かされていない」との寸評をいただきました。
それと、レザーファンの挿し方なのですが、前後よりもやはり左右を意識したほうが流れが生まれるというお話もありました。
なるほど。
お社中のお稽古では先生に「花器の縁やかどはできるればあまり見せたくないわね」と言われたので、それとの兼ね合いがむずかしいな。

あと大切なのは、上からみたときに「楕円の中におさめる」ということ。これ意外と忘れがちなのです。







JUGEMテーマ:趣味



20160406-1.jpg


20160406.jpg

20131225 お正月花 若松、千両、ピンポン菊、駝鳥の羽

  • 2013.12.26 Thursday
  • 11:48


お正月花をいけたのはクリスマスの夜だった(笑)
早い〜

松には神様が降りてきてくださるので、天に向けます。
つまり、小原流には「かたむけるかたち」とか「傾斜型」とかあるけれど、松は該当させないということです。
「ならぶかたち」は3箇所も松を立てることになるから、欲張りな感じかも。
 
ダチョウの羽というものを初めて使ったけれど、これは抜けた羽根を使うのよね?
生きているダチョウからむしりとるわけではないよね?ね?
と、へんなところで引っかかりながらのお稽古。

年末は仕事が忙しいのだけれど、毎年この時期にお正月花をいけると「やっとお正月を迎えられる」という少しホッとした気分になります。
たとえ家のことは大掃除も買い物も何もかも手付かずであっても(白目)




 

20130417ならぶかたち 茴香、バラ、玉しだ

  • 2013.04.17 Wednesday
  • 20:58
 
茴香は、茎の曲がりのおもしろいところを使う。
主枝、副枝、客枝が横一列に並ばないように
主枝は奥、副枝、客枝は手前。
真ん中をきちんと充実させる(いちばん長い玉しだは真ん中に使う)。

バラ二輪は、離れないように。
FBにアップしたら、
「満月のときに、のぼっていく、しずかな舟のようにみえますよ」
とコメントしてくださった方がいて、嬉しかった。

20121205 クリスマスカラーのならぶかたち多面性

  • 2012.12.05 Wednesday
  • 22:30
 
花材:カラー、スプレーバラ、斑入り柊、霞草

研究会の下稽古です。
可愛くできた!
キャンドルを入れてみたいくらい、クリスマスちっく。
ほとんどのお社中さんが、客枝をスプレーバラでとっていましたが、
私はこの入れ方が落ち着くんですよね。
でも、慣れた入れ方ばかりいけていたのではダメですね。
次にこの型をお稽古するときには、花材にもよりますが、客枝に主材ではないものをもってきてみようと思います。
役枝の方向は、副枝と客枝が逆を向くということが決められているだけ。
主、副、客の距離が等間隔にならないように仕上げる。
私がいつも意識することは、主枝の下に客枝方向に比較的大きめな葉などを入れて
水を意識しながらも器の境目をきれいに隠すことかな。

スプレーバラはどれも違う方向を向かせる。
霞草は、モリモリ入れすぎず、長短つけて、斑入り柊よりはバラやカラーと相性のいいお材料なので、そこも少し意識して入れる場所を決めます。

20121128 ならぶかたち多面性

  • 2012.11.29 Thursday
  • 11:54
 
多面性の「ならぶかたち」は、花材を高くし過ぎない。
テーブルの真ん中にあったら、向かい側の相手の顔が見えるくらい。
そして、お相手からも作品が美しく見えるように。
(とはいえ、今回は主枝がちょっと短すぎた気もします)
この取り合わせ、ちょっとレトロな着物の柄のようになりました。
とても素敵。

で、この日に先生からいただいたお茶菓子が、作品とぴったりの、ちいさな宝石のようなお芋のお菓子でした。



20120613 夏のならぶかたち

  • 2012.06.16 Saturday
  • 16:17
 


花材:アリウム、アナナス、疑宝朱(ぎぼし)

最初は客枝をアナナスでとっていたのですけれど、先生に途中でアナナスは強いから、主副客をすべてアリウムでとって、アナナスは低く使った方が良い、とアドバイスをいただきました。
でも、それ以外はお手直しなし!
疑宝朱は面が広いので使い方が難しいですが、好きな葉ものです。
瑞々しい手触りがいいのかな。

20100707ならぶかたち

  • 2010.08.11 Wednesday
  • 16:05
花材:瑠璃玉薊(ルリタマアザミ)、疑宝珠(ギボシ)、カーネーション



先生が直接選んでくださるのではないし、良心的なお花代なので仕方がないんだけれど、カーネーションがちょっと残念。
それでもこの瑠璃玉薊の色の美しさと疑宝珠の瑞々しさに心を躍らせながらいけました。
瑠璃玉薊、疑宝珠。見た目もその名前も美しくて好きです。

いつもは「へ」の字に主枝、副枝、客枝を置いて主を奥にしているのですが、今回は中央の主枝の瑠璃玉薊の花が小さかったので強さを出すためにズルズルと前に持って来ました。
それに伴い、主のグループにあるカーネーションが客のグループのカーネーションとつながるように、主の後ろ側にも挿してクリーム色のつながりを意識します。  

完成度を上げるのにはあらゆる要素に神経を注がなければならないのね。「楽勝〜」なんて思いながらいけ始めたのですが、奥深かったです。「お手直し無し」とは、なかなかいかないものですね。がくっ。                   



JUGEMテーマ:
趣味

20100113ならぶかたち多面性

  • 2010.01.18 Monday
  • 15:40
 

ひさしぶりにお稽古をした、ならぶかたちの多面性です。
多面性は、正面から見ても裏側から見てもきちんと作品になっていなければなりません。

花材:ラッパ水仙、ストック、レザーファン、孔雀草
花器:花意匠新型花器

この花器はこんな形状の
   ↓


まわるかたちにもならぶかたちにも使える、とても便利な花器です。

お稽古で
「前に座っている彼氏の顔が見える高さでいけるんですよねー」というと
先生が笑って「そういうことはよく覚えてるのね」と(笑)

三級のときにこのかたちをお稽古したときには
何度やってもむずかしくて先生のご説明もピンとこなくて
苦手意識がとても強いかたちだったんですが
今回は、先生のおっしゃることがひとつひとつ
すんなりと頭に入ってくる。
なんて嬉しい瞬間なんでしょう。

1回1回、ただお稽古を積んでいるだけなのですが
「継続はチカラだなー」と実感しました。

今回の主材は水仙です。
主枝は、右手前に傾斜。
副枝は、右うしろに傾斜して彼氏の方に向けます。
客枝は、ストックでとりました。左手前に傾斜。



決まりとしては、副枝と客枝は、前後逆にいけるということ。
ということは、副枝が前傾で客枝が後傾でもいいのですが
先生によれば、、このいけかたがいちばんバランス的に美しいのではないか、とのこと。
彼氏側に主材の水仙の顔が近くに見えるというのもポイントですね。

主、副、客の挿し位置は
主は剣山の後ろのほう
副と客は剣山の前の方。
上からみたときに「へ」の字になるようにします。

入れる順番は
役枝3つで骨組み→レザーファンで動きをつける
→水仙の葉(あまりしごくとへたるのでほんのちょっとかたちづけるだけ)
→ストックは方向に変化をつけて→孔雀草を1本1本丁寧に凹凸をつけながら。

レザーファンは、色が濃く、入れすぎると重くなるので
できるだけ軽やかに。
ペタっと平面的にならないように若干の高低差をつけつつ入れていきますが
いちばん大きなレザーファンは、主枝に添えるように位置づけます。
レザーファンばかりで重く見えるところには
ストックのちょっとやわらかいグリーンを入れたり
孔雀草を入れたりします。

あと気をつけなければならないのは
バラした花器の境目が見えないようにすること、
レザーファン、ストック、水仙の花と葉
どれも一直線に引っ張り合うような入れ方をしないということです。

わー、注意点がいっぱい〜
それを頭ではなく、経験と感覚でいけられるようになるために
お稽古を積むのですね。


さて、このお題で今年最初の研究会にのぞみました。
95点を取った方は私が受けた回にはいらっしゃらず
ほとんどの方が白札でした。
新年早々きびしいですわ。
役枝の傾斜が甘いということと、レザーファンのあしらいが雑だということを
指摘されている方が多いようでした。

今回は去年の皆勤賞と優秀賞をいただきました。
ありがとうございます。

三年間続けて優秀賞をとると家元賞もいただけるのですが
一昨年体調を崩して2回ほど休んでしまったために
今回は見送り。
家元賞は来年いただけるようにがんばろ。

<20100123追記>

研究会のときの作品の写真です。
先生には「孔雀草が少しごちゃっとなってしまったわね」と
寸評をいただいたのですが、どうでしょう...







JUGEMテーマ:
趣味

20091230お正月花

  • 2009.12.31 Thursday
  • 22:43
 



お正月花です。
若松、千両、葉牡丹、バラの「ならぶかたち」

毎年、年の瀬にこうしてお正月花をいけると
あー、今年も無事に終わったと
しみじみと思うのです。

とくに12月は仕事が忙しいので
それも含めて。

ふだんのお稽古と違って
先生もなんとなく肩の力が抜けている感じで
お稽古の雰囲気ものびのびしています。

いつもの「ならぶかたち」にくらべると
モリモリのてんこ盛りで
「せんせーい、ちょっとてんこ盛り過ぎませんか?」と尋ねると
「いいのよー、お正月なんだから!」ですって。
ふふふー^^

葉牡丹をいけるのは初めてでしたが
手で丁寧に葉を開いて、大きく広げていけます。

家では、玄関に飾ろうと思います。
これで、年末にぜんぜん手をかけてあげられなかった我が家にも
お正月がやってきます。

お社中で仲良くしていただいているしゅうさんとも
一年の最後に一緒にお稽古することができました。
しゅうさんのお作品は万年青の様式。
最後まで難しいお作品にチャレンジするところが
向上心あふれるしゅうさんらしいです。





みなさまにもすてきな新年がきますように。
良いお年をお迎えください。


JUGEMテーマ:
趣味

090513ならぶかたち

  • 2009.06.01 Monday
  • 00:44
今回のお稽古は、花材を見て
自分で花型を決めます。

私は「ならぶかたち」にしました。

主材は、アリウム。
配材は、旭葉蘭とアルストロメリアです。

あー、どれも苦手花材。

アリウムは葉がないし
葉蘭はかたちづくりがむずかしいし
アルストロメリアも葉を落として花だけで勝負だし。

でも、造形的に面白いものにしたいな。
アリウムの紫とアルストロメリアのイエローの
色の組み合わせもステキだし
葉蘭の白いふもいい感じだし…
と、いいところを模索して…



アリウムは、奥行きではなく左右にわん曲が見えるように挿します。
ならぶかたちは、左右への動きの面白さがポイントなんですね。

葉蘭は、くるくると巻いて造形的に面白く見せると同時に
花留めを隠す役割。
なにせ、今回葉っぱは、これだけですから。
うー、超苦戦。
先生が穴まで開けてまとめてくださいました(汗)。

アルストロメリアは、下を向いちゃう花は切って別挿し。

シンプルな作品でしたが
すごーく時間がかかったあげくに
先生にほとんどお手直ししていただいてしまいました。
がっくし。

でもすてき。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

booklog

my pinterest

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM