20150701 色彩盛花様式本位 擬宝珠、矢羽根薄、姫百合

  • 2015.07.08 Wednesday
  • 16:16


直立型でいける。
花留めは、主のところは逆L字で置く。
主枝を擬宝珠の花で取り、主のバックになる葉と主の茎を隠す葉と、斜め後ろにもう一本、計4本をまとめてうしろの大穴に挿す。

副枝は擬宝珠の葉で取り、花を低めに一本、その足元にもう一本添える。計3本を大穴から。

客枝は姫百合で取る。
副の花留めと客の花留めのあいだはほとんど隙間をつくらない。

矢羽根薄は奥はたて、手前は横に挿し、葉先をととのえ、さらさらと風が通る風情に仕立てる。




 
コメント
素敵なお取り合わせですね。お持ち帰りして、ウチに飾りたい(笑)
  • Shona
  • 2015/07/09 6:15 PM
Shonaちゃん、この組み合わせわたしも大好き。素敵だよね!
  • miporing
  • 2015/07/10 4:07 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

booklog

my pinterest

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM