20170327 ロバート・メイプルソープ展『MEMENTO MORI』

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 15:40

3月中旬から銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開催されていたロバート・メイプルソープ展に行ってきました。

モノクロの花の写真から知ったメイプルソープですが、花だけではなくて、彼の被写体は人間にも及びます。

それも、男女問わずにヌードが多いのですが、少し特徴的だったり、挑発的なボンテージだったり、グロテスクだったり、衰え始めていたり、どこか引っかかる、どれも美しいんだけれどいわゆるスタンダードではない感じのヌードもしくは身体の部分の写真が続きます。

ヌードを見たあとに花の写真を見ると、花もまたエロティック。

花やくだものにナイフという組み合わせの写真もあり、これが何を象徴しているのか。

一緒に行った友だちが、「花や果実は女性器で、ナイフは男性器」と言っていてなるほどでした。

そして、どこまでが芸術で、どこからがポルノか、その境界線はどこか、という考察も。

展示会タイトルの『メメント・モリ』というのはラテン語で直訳すると「死のことを想え」という意味だそうで、「どうせみんな死ぬんだよ」そして「今を楽しく生きようね」という扱われ方もしているとのこと。

性と死がテーマだったんですね。っておしえてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

20170308 盛花傾斜型 雪柳、トルコ桔梗、玉しだ

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 14:58

 

花材として玉しだが5枚または7枚の時は、玉しだを客枝とするのが、小原流のお約束。

ちなみに、マーガレットも同様。

玉しだのうちの1枚を既定の長さで既定の角度にして挿し、それを起点として残り4枚を入れる。

残り4枚の長さは、起点になる1枚と同寸だけど、「受け」になる下の1枚は、少し短め。

 

 

 

 

この日お休みした方のお花を少し分けていただいて、今日の花材の残りとうちにあったその他のお花を混ぜて、家の窓辺に春のブーケを飾りました。

ラナンキュラス、啓翁桜、トルコ桔梗、スイートピー、雪柳。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:趣味

20170215 盛花傾斜型 万作、アネモネ、ドラセナ

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 16:17

 

ここしばらく盛花傾斜型をアップし続けてきたので、挿し位置などは省略。

先生には「いい副枝が入ったじゃないの」と、副枝の枝どりを褒めていただきました。

ドラセナは1本。

自分のお気に入りは、高く入れたアネモネの狙ったポーズかな。

万作は、清潔感のある、少し甘い、とてもいい香りがします。

万作のアロマオイルとかないのかなって調べてみたんだけれど、オイル抽出ができないのでピュアなものは作ることができないそうです。

 

これで研究会にのぞんだわけですけど、久しぶりにいいお点をいただけました。

ただ、ほかの95の方は、ほとんどドラセナを2本入れてらっしゃいました。

2本使う場合は、手前に長く、後ろに短く、左右の位置も並ばないようにされているのがいちばんきれいでした。

 

個人的には、ドラセナは放射を1か所で見せるのが好きですけれど、参考に記しておきます。

 

 

JUGEMテーマ:趣味

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

booklog

my pinterest

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM